46の意味|全くの素人が第三者目線で欅坂48を解析してみた結果

46の意味

握手券

乃木坂46や欅坂46の「46」ってどういう意味何だろうと思ったことありませんか?人数を指しているわけでもないですし、しかもAKB48やNMB48より数字が「2」少ないのも不自然。そんな不思議を暴いていきたいと思います。
その乃木坂46や欅坂46の「46」を語る当りAKB48やNMB48の「48」からお伝えしていかなければいけません。こういったグループをプロデュースしているのは皆が知る秋元康氏。彼は「おニャン子クラブ」をプロデュースし大成功を収め、それと同じアイドルであるAKB48をプロデュースするにあたって「『おニャン子クラブ』みたいな名前を付けたとしても古く感じてしまう。なので無機質な商品番号のようにしたかった。」と秋元氏は語っていました。そんな中で出てきた数字が「48」。この番号は結成当時の社長である芝幸太郎氏の所属事務所が「office48」であり、尚かつ芝幸太郎氏の苗字を数字にすると「48(シバ)」になり大変気に入っていたからだという。もともと大人数ですることを考えていた秋元は事務所の名前、苗字のもじった数字などあったのでこの「48」に決定したと話しています。
ですがAKB48と数字が後ろに入ってしまっていれば皆が人数だと思ってしまいます。もともとは48人で活動している時期もあったのですが、今ではそれ以上に増えています。秋元氏いわく、「もともと(48)という数字を決めてから人数を合わせたため、特に人数が越えてしまっても問題はない」と話しています。
そう言うことでAKB48の「48」がきまったのですが、乃木坂46や欅坂46の「46」はというと「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」から決められました。乃木坂46や欅坂46は少人数制のためそれよりも頑張ってほしいという願掛けみたいなもののようです。